登録カテゴリー:結婚・出産

2018年 人生100年時代の結婚に関する意識と実態

2018年6月に全国の40~64歳の男女12,000人を対象として、「人生100年時代に向けた意識調査」を実施しました。
「人生100年時代」を目前に控えた今日、家族や夫婦のあり方、結婚に対する意識も変化し、多様化しています。本リリースでは、結婚やパートナーに求める意識と実態について最新の状況をご紹介します。

レポートのダウンロード

主な内容

未婚化に打つ手はあると思う割合

  • 子どもがいる既婚者 男性6割 女性5割
  • 未婚者       男性4割 女性3割

結婚生活に「とても満足」の割合

  • 子どもがいる既婚者  男性2~3割 女性2割
  • 子どもがいない既婚者 男性3~4割 女性3割

今も離婚を考えることがある割合

【子どもがいる共働き夫婦(ともに正社員)】

  • 男性 3割
  • 女性 4割

結婚生活の不満・離婚理由のトップ

「性格・価値観の不一致」

  • 男性 5~6割
  • 女性 4~5割

卒婚に肯定的な割合

  • 男性 5~6割
  • 女性 7~8割

結婚のメリット

  • 男性 「精神的安定」「好きな相手と共に暮らせること」
  • 女性 「経済的安定」「精神的安定」

長寿化が進む中で、配偶者やパートナーに求めるものトップ

「ともに老後を生きていくパートナーとしての役割」

  • 男女ともに6~7割

現在幸せである割合

  • 既婚者        男女ともに8割
  • 未婚者、離別・死別者 男性5割 女性7割

幸福度に大きな影響があるもの

  • 既婚者 「家族との人間関係」男性5割・女性6割
  • 未婚者 男性「収入」4割
        女性「健康」5割

レポートのダウンロード